FC2ブログ

「ロータリー会談(ガバナー月信10月号)」掲載記事

「武藤順九(彫刻家・画家)×菅原裕典(2015-2016年度 国際ロータリー第2520地区ガバナー)」


この度3.11. Monument Project・支援アーティスト「武藤順九」氏と2015-2016年度 国際ロータリー第2520地区ガバナー「菅原裕典」氏の対談が行われ、震災復興にかけるお2人の熱い想いが語られました。


ロータリー対談
*同記事は「仙台経済界2015.11-12月号」でも取り上げられました(2015年10月25日発行)。



*1: 彫刻家・画家「武藤順九」氏
1950年仙台市生まれ。仙台二高から東京芸術大学美術部卒業後フランス、スペインへ渡る。75年からイタリア・ローマと彫刻の町ピエトロサンタにアトリエを構え、大理石の彫刻を中心に象徴的なテーマの彫刻を制作している。1997年のヴェルシリア賞国際グランプリ受賞作品「風の環(わ) PAX2000」が、2000年7月25日、バチカン カステル・ガンドルフォにあるローマ法王公邸内に史上初めて抽象彫刻が永久設置される。みやぎ絆大使も務める【3.11.Monument Project】復興モニュメント制作アーティスト。

*2: 2015-2016年度 国際ロータリー第2520地区 ガバナー「菅原裕典」氏
1960年仙台市生まれ。2001年から「株式会社 清月記」代表取締役。7月1日から宮城・岩手県の第2520地区ガバナーに就任、同時に【3.11.Monument Project】事務局長も務める。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント